おはようございます!湖西マリッジサロンオハナです!実は既婚者の7割の方が結婚前に付き合っていた人とは「○○なタイプ」の方と結婚されています! 

おはようございますマリッジサロンオハナ 清水です!

寒い日が続きますが皆様 婚活に励まれていますか?
ここ湖西市でも最近はやっと梅の花が開花しだしたと思ったら池の水に氷が張っていたりと寒さを目でも感じます。

今回は既婚者に対して実施したあるアンケート調査の情報をお伝えします!
既婚者の約7割の人が結婚前に付き合っていた人と「違うタイプ」と結婚しているという事実がわかりました。結婚と恋愛は別だとよく言われますが、相手に求める条件も結婚と恋愛では違うということなのです。

だからこそ結婚相手にどんな人を選ぶべきか悩むという人が多いのかもしれません。そもそも相手に求める条件を考える前に「なぜ自分は結婚したいのか」その理由を明確にすることが大切です。

一人が寂しい、子供がほしい、心のよりどころがほしい、経済的に安定したい、などなど理由は人それぞれあると思います。

まずは結婚の目的を考えることで、結婚生活のイメージが具体的に湧き、相手に求める条件も明確になってくるはず。そのうえで結婚相手に求める条件を、「絶対に譲れない条件」「妥協できる条件」とで区別して書き出してみるのが良いと思います。
これは書き出すことで無意識のうちに意識の中に書き出した内容の方をインプットでき 自然と自分の行動も伴ってくるため結果的に求めるお相手に出会いやすくなるからです。
ただし厳しすぎる条件は婚活がうまくいかない原因にもなる得るということも忘れずに!