恋愛結婚よりもお見合い結婚の離婚率は○○です!!part1

こんにちは湖西市マリッジサロンオハナの清水です。

今日はコロナ禍で不況の中、結婚を考えてみたいと思います。

これからの日本人の結婚はどうなるのか?

男女共に50歳の時点で一度も結婚歴がない人、

つまりは今後も結婚しないと思われる人の人数が
1960年度から急激に増えています。
この数字は国立社会保障人工問題研究所の人口統計資料集2017年度版からによります

男性では4人に1人 女性では 7人に1人の人が結婚しないことになります。

しないのか?できないのか?

不況のなかで結婚しない人が増えているけれどこれって

不況だから結婚できないの?

結婚しないから不況なの?

お見合い結婚と恋愛結婚の推移も同じく

1960年から急激に恋愛して結婚する人が増え
それまでのお見合い結婚と恋愛結婚の数が逆転しています。

なにがあったのでしょうか?

そこには結婚することの意味合いが変わってきたのではないでしょうか?

親御さんが働き過ぎて苦労する姿しか見てきていないから?
それとも喧嘩が絶えない家庭だったから?

平成24年度 司法統計より

恋愛結婚での離婚率 40%  お見合い結婚での離婚率 10%

・1位:性格の不一致(男女とも)

病める時も健やかなる時も、富める時も、貧しき時も夫(妻)として愛し、敬い、慈しむ事を誓いあっていませんか?

理由があまりにも稚拙で・・・ 責任とは何か?分からず結婚している人が増えています

・2位:精神的に虐待する(夫)/生活費を渡さない(妻) ・・・不況のなかお金を渡せない人が増えている

・3位:その他(夫)/精神的に虐待する(妻)

・4位:異性関係(夫)/暴力を振るう(妻)

・5位:家族親族と折り合いが悪い(夫)/異性関係(妻)

結婚は本来家と家が繋がることに対しての意識が希薄になってきています。

・6位:性的不調和(夫)/その他(妻)

・7位:浪費する(夫・妻共通)

お金の使い方が分かっていない 価値観

・8位:同居に応じない(夫)/家庭を捨てて省みない(妻)

・9位:暴力を振るう(夫)/性的不調和(妻)

・10位:家庭を捨てて省みない(夫)/家族親族と折り合いが悪い(妻)

離婚する人数も増えています。

結婚の意味が変わってきているのではないでしょうか?

結婚したい人に聞きたいのは・・・

なぜ結婚したいの?

好きだから結婚するの?

男前だから?それとも身体の相性がいいから? やはりお金?

そもそも何のために結婚するのか分かっていますか?

そして結婚の意味が変わってきているのではないでしょうか?

 

結婚とは家と家がつながる事です

相手のご家族や親せきを予め見てから結婚しないといけないと思います。

恋愛結婚の理由に好きだからと言われる方がほとんどだと思いますが

恋愛の恋とは 恋の部分です。そしてその恋はとても情熱的で瞬発的で瞬間力が強いです。

好きって感情は 一緒に居て欲しい 抱きしめて欲しい 優しくして欲しい・・・
そう恋は独りよがりのくれくれ病

恋って相手の外見や学歴などの格好いいところばかり見せておいて そこだけで相手と結婚するかどうか決める
となると 結婚した後で全部化けの皮が剥がれたときに あれ?違うじゃない ってことで離婚することが増えてきていると思います。

誰だってそんなことになりたくないですよね
ではどうすればいいのか?

それは次回、じっくり説明したいと思います。☆☆☆

今日も最後までお読みいただきありがとうございました💛